1950`s Culture Case4-Beatnik-

こんにちは。

Leah-Kでは主に、つけめんの水切りを担当させてもらっています。杉山です。

最近、佐野先生のアドバイスの元、天竜落としという水の切り方を発案しました。

さて、本日は前回のカルチャーブログで題材にしておりましたHippieの源流となる、Beatnikについて記述させていただこうかと。

アメリカでは1914年から1929年に生まれた世代のことを『Beat Generation』と呼びます。

これは、第二次世界大戦や朝鮮戦争、冷戦など相次ぐ戦争を一生の間にいくつも経験し、『ビート=打ちひしがれた』世代と揶揄したためです。

そして、1957年にアメリカが打ち上げた人口衛星『スプートニク』を『ビート』と掛け合わせて生まれた造語が『ビートニク』なのです。

Beatnikは1955年から1964年にかけて、アメリカ文学界の中で異彩を放ったグループ、及びその活動のことを指します。

ビートニクの黄金期を担ったと言われる三人の作家が居ます。

左から二番目のジャック・ケルアック、その右アレン・ギンズバーグウィリアム・バロウズです。

彼らはアメリカを放浪し、その旅を通じて得た経験や、思想を暴力的なまでに鮮烈に綴っています。

また、戦争で抑圧的になっていたアメリカ政府を批判するような表現も多く含まれ、これが後のヒッピー達にとってバイブル的な存在に成り得たことは言うまでもありません。

ジャック・ケルアックは、世間で当初『tired=疲れ切った者』、『down and on=底辺に生きる者』とネガティブな表現をされていたビートニクを、代表作『On The Road』や『孤独な旅人』において『upbeat』や『on the beat』というポジティブな表現をしています。

端正な容姿を持ったケルアックは、彼を崇拝する信者を若者に持ち、彼らは黒い服に身を包んで活動を行っていたと言います。

かのイブサンローランも、ビートニクというストリートカルチャーに焦点を当て、全身黒ずくめのコレクションを60年代に発表したが、当時の保守的な富裕層には全く受け入れられず、その後ディオール社を退任させられたという逸話もありますが、本当か嘘かは分かりません。

ジョンガリアーノと違って。

ウィリアム・バロウズは悪運が強く、三人の中で最も長生きしました。

当時付き合っていたボーイフレンドにフラれた腹いせに、自らの小指を詰めたり、

ウィリアム・テル(14世紀スイスの矢の名人。役人の悪意によって、自分の息子の頭に乗せた林檎を矢で射止めることになり、見事にそれを成功させ、役人を暗殺した英雄)のマネをして、誤って妻を殺してしまったりと、話題に尽きない奇人だったそうです。

カットアップという、一度タイプが打ち終わった原稿をバラバラにして代表作『裸のランチ』を書き上げましたが、内容がグロ過ぎて発禁になりました。

晩年には、Nirvanaと競演でポエトリー・リーディングも行っています。

アレン・ギンズバーグと共に放浪中に書き上げた『麻薬書簡』も、彼の代表作のひとつです。

アレン・ギンズバーグはボブ・ディランからも敬愛され、文通をし合った仲だそうです。

このように、ビートニクが与えた影響は60年代以降のロック・スターにも大きかったのです。

日本では、チバユウスケ(The Birthday、exミッシェル・ガン・エレファント)が自他共に認めるビートニク信者として有名です。

「あれ?この人の歌詞、なんだか変だなぁ。」

と、思ったアナタ。

そういうことです。

これからビートニクに触れてみたいという方にオススメなのはこちら。

ジョニーデップがストーリーテラーとなり、朗読もしてくれます。

イージー・ライダーのデニス・ホッパーも出てます。

会員登録さえすれば、ツタヤ君は嫌な顔ひとつせず、何でも390円でDVDを貸してくれます。

GWの予定がなければ、ビートニクにどっぷり浸かってみるのも良いかもしれません。

それでは。

comments 48

あの綺麗なワインセラーに土を詰めて種をまけば、きっと芳しい金木犀が育つだろうね

こんにちは。

Leah-Kでは主に、排水タンクの清掃を任せてもらっています。杉山です。

昨日は作業中にミュータントタートルズに遭遇しました。

ミケランジェロは噂どおり気の良い男で、意気投合した私たちは、山手通り沿いのいつも行列ができているピザ屋にてランチすることにしました。

今日はなぜかメルヘンでポエットリーな気分なので、詩を綴ることにします。

『右腕』

 

右腕。僕の利き手が右なばかりに、いつも君に負担をかけてごめんね。

右腕。ベースを激しくピッキングする時も、人肌恋しくそれをピッキングする時も、いつも君は優しく包み込んでくれてたね。

右腕。昨日おでんを持って片手で自転車に乗った時に、君の大切さに初めて気が付いたんだ。

右腕。僕が物心つく前から、君はいつも側に居てくれたね。

右腕。みんなは大事にしている部下のことを『右腕』と呼ぶらしいけど、僕は君のこと、体の一部として認識してるんだぜ。

右腕。これからもよろしく頼むな。

右腕。

右腕。

右腕。

comments 0

近所で、父のあだ名が『スケベおじさん』で定着しそうです。

こんにちは。

ジョン・ガリアーノです。

パリのみんなはまだ僕の事を人種差別者よばわりするので、未だに税関も通れていません。

杉山さんという方が良くしてくれているので、最近は池尻大橋に借りたアパートの住み心地が快適に思い始めてきました。

ちなみ私、Leah-Kでは主にホットスナックの発注を任せてもらっています。

ただ、昨日はからあげ君20個を注文したつもりが、誤って200個届いてしまいました。

オーナーの金澤という凱旋門のような男の逆鱗に触れ、左手の小指を切り落とされて肉まんのアンにされました。

日本では『オトシマエ』というそうですね。

ジャパニーズカルチャーの奥深さに驚きを隠しきれず、未だに冷汗が止まりません。

最近、田園都市線の中吊り広告で面白そうなイベントを見つけました。

Summer Sonicというロック・フェスティバルです。

まだ僕がディ○ール社に在籍していた頃に親交のあったOASISの新しいバンド、Beady Eyeも出演するみたいです。

杉山さんは先に連休を申請したらしく、一緒にリアムちゃんに挨拶がてら行きたいと思い、金澤という男に相談しましたが

「新入りが何ゴチャゴチャ言ってるねん。残りの指もチキンバーにしたろかいな。」

と、脅されたので、とりあえず涙を飲んでコーディネートを組んでみました。

Sun Glass(Ray-Ban Wayferer by B&L):¥20,900

Hawaiian Shirt:¥4,900

Corduroy Pants(1970`s Levi`s517):¥3,900

Shoes(Vans Slip On):¥8,900

Bandana(1980`s Harley-Davidson Dead Stock):Thanks!SOLD!

テーマは『Jack Johnson in幕張』

ほっんと彼の上腕二等筋って素敵。

あんなにギターが上手くて、元プロサーファーだなんてサイコーにセクシー。

ちなみ、今Leah-KではWranglerのDress Jean(Dead Stock)と、写真の517はじめコーデュロイパンツを全品¥3,900で大放出中よん。

ハーレーのバンダナも色々な種類があるので見に来てね。

今回は出演しないみたいだけど、ダンスが素敵だから今日はトム・ヨークのナンバーでお別れしましょ。

comments 0

1960`s Culture Case4-Hippie-

こんにちは。

Leah-Kでは主に、ホール業務とドリンクを担当させてもらっています。杉山です。

最近は甘党のオーナー(猟奇犯)が、『カルピス、ロックで頼むぜ』と注文してくるのですが、あの原液をビンでラッパ飲みする姿は、時々夢にも出てくるようになりました。

さてさて。

自分が男であることにかまけて、女子の興味を引く記述をしてなかったので、本日は反省しながらHippieについて書いていこうかと。

Hippieとは、伝統・制度などの既成の価値観に縛られた社会生活を否定する事を信条とする人達。というのが定義だそうです。

ことの始まりはベトナム戦争。

これに反発し、正義の無い戦争という批判する若者達がコミューンという自治体を作ったのが活動の起源とされています。

代表的なコミューンとして、サンフランシスコのヘイトアシュベリーが挙げられ、ここには何万人ものヒッピーが集まったと言われ、今でも彼らにとってのメッカとなっています。

自然への回帰も彼らの掲げるポリシーの一つのため、裸足や長髪をファッションとして取り入れています。

彼らの集うヒューマン・ビー・インや、ウッドストックに代表されるミュージック・フェスティバルには、LSDやマリファナが付き物です。

合言葉はセックス・ドラッグ・ロックンロール。

まるで彼。

そういったドラッグなどを服用した際に見える幻覚をモチーフとして、タイダイ柄が作られました。

ヒューマン・ビュー・インにはグレートフルデッドやジェファーソン・エアプレインの名だたるが出演し

ジミ・ヘンドリクスジャニス・ジョップリンがスターダムへ近付く場となったのです。

また、このサマー・オブ・ラブとも呼ばれるムーブメントに拍車をかけたのが

Beatles

彼らがインドの古典音楽や仏教に傾倒し、ドラッグにインスピレーションの根源を求め、それらをアルバム『サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に反映させたことが要因らしいです。

ほんと、カルチャー的なブログを書く度に登場する彼らですが、それだけ時代への対応が早く、柔軟性があるということでしょう。

悪く言ったらチャラいと笑

あまり知られていない事実ですが、彼らにインドや悟りに関して教えたのはラヴィ・シャンカルという有名なシタール奏者なのですが、

彼はあのノラ・ジョーンズの父親なのです。

それでは、本日はノラジョーンズの名曲

ではなく、ラヴィ・シャンカルのシタールでお別れです。

 

comments 44

エドモンド本田

こんにちは。

Leah-Kでは主に、空き缶回収を担当させてもらっています、杉山です。

先日は業者の方に「このご時世に、スチール缶だけ集めてくるなんてお兄さん通だね!」

と、お褒めの言葉をいただきました。

さて、Leah-Kの営業時間が本日から少し変わりました。

PM12:00~PM22:00

です。

季節・天候・気分で多少変更もありますが笑

それと、私事ではありますが、今夜ギグ出ます。

渋谷109裏のルビールームってとこで、入場料¥1000(2drink)なのでヒマがある方遊びに来てください。

http://www.rubyroomtokyo.com/

22:45頃、Hot Capというバンドでベース弾きます。

ギタリストのタクは、ジャック・ケルアックとウィリアム・バロウズとジャック・スパロウをこよなく愛す男です。

それでは。

comments 50

部屋とBrown Brownと私

こんにちは。

Leah-Kでは主に、害虫駆除を任されています。杉山です。

先日も近所に住む老紳士に

「最近、娘に悪い虫がついとるから駆除してくれ」

と頼まれ現場へ行ってみると、そこには四半世紀を共にしたようにも見える熟年のカップルが待っていました。

「父になんと頼まれたかは存じ上げませんが、私たちは本気で愛し合っているのです。」

と、熱のこもった弁で娘さんに懇願された私は

「好きにしなよ」

と、人をいたわる優しさに満ち溢れた言葉を残し、その場を後にしました。

さて、昨日はBrown Brownのデザイナーのお二人がお店に遊びに来てくれました。

すいません。お二人の写真が用意できなかったので、今回は代用品で失礼させていただきます。

ミリタリースペックを土台とし、細部にまでこだわり抜いたリメイクアイテムや、本格的なレザークラフトを中心に展開するBrown Brownはまだ取り扱いが当店だけの、これからが非常に楽しみなブランドです。

Shirt:U.S.N chambray(black) ¥8,925

Pants:U.Sラミーパンツ(Beige) ¥17,850

Tops:マリンミドルワンピ(blue) ¥6,825

Bottoms:M-1941 chino`s(olive) ¥15,750

現在レディスは写真のワンピースのみですが、モデル写真のようにメンズのアイテムをオーバーサイズで着用するのもまた趣があるかと。

今後はレディスの展開も増えていくそうです。

レザー小物も、コンチョ付ヘアゴムが¥1,575、システム手帳が¥5,250~となっており、大変手に取りやすい価格帯となっています。

興味がある方、是非店頭で手にとってご覧下さい。

Brown Brownのブログです↓

http://ameblo.jp/cone084/

それでは。

comments 82

お茶目なあの娘はユダヤ人

こんにちは。

Leah-Kでは主に、お客様の出玉のカウントと換金を担当させてもらっています、杉山です。

端数用のチョコレートを一日一枚拝借していることに、オーナー(パンチドランカー)はまだ気付いていないようです。

このブログを読んで下さっている、物好き以外の何者でもない皆さんの中にも海外ドラマがお好きな方は多いのではないでしょうか。

24、プリズン・ブレイク、OCなどなど。

それも面白いかも知れませんけど(観てないから分かんないけど)

元祖を忘れていませんか?

フルハウス!

最近またCSで再放送されていることに気付いてしまいました。

 

このオープニングでテンションが上がるのは私と妹の奈保美だけでしょうか。

寝る間も惜しまれる酷使労働の中に、一筋の光が見えた思いです。

このフルハウス、1987年に放送が開始され、8年間もの間放映が続いたそうです。

妻を早くに亡くしたニュースキャスターのダニーの元に、親友であるコメディアンのジョーイと、ロックスターになる夢を諦めきれない義理の弟・ジェシーが転がり込んできます。

彼らがダニーの元に居候するための条件は、D.J・ステファニー・ミシェルの三人娘の子守をすること。というのが、おおまかなあらすじです。

個人的にはジェシーおじさんが一番好きです。

エルビスの曲に合わせて、部屋の中でエアギター片手に熱唱する様には何度も心を打たれました。

ところで、ミシェル役のこの娘に関して詳しくご存知でしょうか?

実は双子で、毎週入れ替わりで役をこなしていたのです。

そんなメアリーケイト&アシュレー(オルセン姉妹)も成人になり、今では芸能プロダクションやアパレルブランドを抱える立派な金の猛者へと成長しました。

それでは、フルハウスのカーテンコールで本日はお別れです。

comments 63

1950`s Culture Case3-Bowling Shirts-

こんにちは。

Leah-Kでは主に、ポケットモンスターの経験値アップ作業を担当しています。杉山です。

ピカチュウがそろそろレベル48になりますが、まだ二つ目の街から出られていません。

今日は夏の定番アイテムであるボーリングシャツについて一筆とらせていただこうかと。

そもそもボーリングの原型となるスポーツは、今から7000年前に古代エジプトで始まっているそうです。

その後1950年代、アメリカでオートメーションレーンが開発されたこと、テレビのゴールデンタイムでプロトーナメントが放映されることが重なり、本格的なボーリングブームが到来しました。

この頃から各地でアマチュア・トーナメントが開催されるようになり、その際にチームメイト同士でオーダーした刺繍入りのユニフォームが現在のボーリングシャツの始まりとなっています。

1950年代は既存の長袖シャツに刺繍を施したタイプの物が多く、現在のような半袖タイプの物が出回るようになったのは、1960年代に入ってからです。

Leah-Kでもボーリングシャツが続々入荷しています。

1960`s Californian Bowling Shirt

Price:¥10,800

1960`s King Louie Bowling Shirt

Price:¥9,800

また、Leah-Kでは女性にもボーリングシャツを着て欲しいので数点入荷してみました。

やっぱりメンズが好きなアイテムを着てる子とスイパラに行きたいですもん。

 LIBertO Bowling Shirt

Price:¥5,500

Cruising U.S.A Bowling Shirt

Price:¥6,900

トロロご飯とか食べたいなー。

それでは。

Tel:03-6452-2617

comments 43

鳥肌を気にして海に入らないだなんて

こんばんは。

Leah-Kではコンビニで売っているおつまみに点数をつける作業を任せてもらっています、杉山です。

昨日はなぜか奇跡的に休みをもらえるという幸運が天から降ってきたため、新国立美術館に行ってきました。

シュルレアリスム展です。

多感な時期に妙にダリに惹かれて、画集を目からビームが出るほど眺めたりしていました。

シュルレアリスムの思想を取り入れた曲をバンドで作ろうと思ったりもしましたが、できあがったのはなぜか普通のメロコアでした。

そもそも、シュルレアリスムは1924年の『シュルレアリスム宣言』に端を発して活動が活発になったそうです。

『超現実主義』つまり、夢の中で私たちが気付かない現実。絶対的な現実。過剰なまでの現実の追求。

コラージュや自動筆記などの偶然性の強い手法によって、主観や意識・理性が介在できない状態でできたものを作品とするのがシュルレアリスムということらしいです。

おつまみに点数をつけられても芸術を批評する資格は僕にはないので、とりあえず気になる方は行ってみて下さい。

http://www.sur2011.jp/

に、しても若い頃のダリがかっこ良過ぎる。

それでは。

comments 101

1960`s Culture Case3-MODS-

こんばんは。

Leah-Kでは小魚の養殖をさせてもらっています、杉山です。

次はマグロの養殖を考えているので、オーナーに100m幅の生簀を今日もおねだりしました。

本題に入ります。

今回は無駄に引っ張ってきたMODSについて記述させていただこうかと。

MODSは1950年代後半から1960年代に流行したユースカルチャーです。

彼らはオーダーメイドの細身のスーツに身を包み、Vespaやランブレッタといったスクーターをミラーやライトで華美に装飾して乗り回します。

深夜営業のクラブで自らのバイクや服装を見せ合い、ダンスを楽しむというのがライフスタイルで、主にスカやレゲエ、モダンジャズなんかの音楽をたしなんでいたそうな。

そもそも、モダンジャズを好む人達をモダニストと呼ぶ事からMODSという名称が由来しているそうです。

他のRockersやTedsといったユースカルチャーとの大きな違いは、彼らが贅沢志向であるという点ではないでしょうか。

洋服をオーダーメイドで仕立て、バイクのカスタム(しかもどう見ても無駄笑)に投資をし、レコードを買い漁るのが趣味だなんて、どう考えてもボンクラですよね。

そんな彼らは髪型にもこだわりがあり、上記写真中央の彼がペリー・コモ・カット、その右の彼がクルー・カット、更にその右の彼がフレンチ・クロップ・カットと、全部服装検査前の中学生にしか見えませんが、それぞれに呼称があるようです。


ちなみにペリー・コモとは、40年代に登場したアメリカの歌手で、当時フランク・シナトラと人気を二分し、『歌う床屋さん』として親しまれていたオジサンです。


MODSのアイコンとしてラウンデルというマークがあります。

よく見かけるマークで、ターゲットモチーフだと思っている方が多いかと思います。

しかし実はこれ、フランス国旗を円形にした物なんです。

イギリス空軍がWWⅠ時に使い始めたモチーフで、今ではメトロの標識なんかでも使用されています。

同じく軍が由来しているMODSの愛用品で、M-51(通称モッズコート)があります。

1951年にアメリカ軍が正式採用したことからM-51と名付けられたこのコートを、彼らはバイクに跨った際に排気ガスでスーツが汚れないようにするために着用していました。

他にもベン・シャーマンやフレッド・ペリーのアイテムを彼らは愛用しています。

ということで、たまたま店にあったフレッド・ペリーのポロシャツを使ってコーディネートを作ってみました。

Old Bowler Hat:Thanks!SOLD!

1950`s Wool Cardigan:¥9,900

Fred Perry Polo:Thanks!SOLD!

Stripe Pants:¥4,900

Dr.Martens Loafer:¥14,000

コーディネート一体買いのお問い合わせ、スタッフ一同お待ちしております。

それでは。


Tel:03-6452-2617





comments 80